2016-01-21

Windows10でSSFを試してみる

せっかくWindowsなのでセガサターン エミュレータを使ってサターンのゲームをプレイしてみる。

本体の実機ももちろん持っているのですが、S端子出力の映像信号が安定しないので映像調整機などを間に入れないと液晶TVに出力できないのでちょっとめんどくさい。

エミュレータなら手軽で今のマシンなら問題なく動くし、ディスクの入れ替えもイメージファイルにしておけば楽ちん。

SSFを公式サイトから入手
http://www.geocities.jp/mj3kj8o5/ssf/

このセガサターンエミュレータは実機の再現度が非常に高い。
また、BIOSを用意しなくても動作します。(再現度は落ちるらしい)

適当な場所に解凍するだけでOKです。
初回起動時はサターンの内蔵時計の設定と内臓メモリ&拡張バックアップカートリッジの初期化を忘れずに。


次にサターンのゲームディスクをisoイメージ化します。

適当に探してみたら良さそうなソフトを発見したのでこれを使います。
ISO Workshop Ver. 6.1
http://www.glorylogic.com/iso-workshop.html

機能限定のFreeバージョンでOK。
インストール時に余計なアプリケーション(お天気情報アプリ)をインストールしようとしますので注意。多分情報収集ツールだと思いますのでおすすめしません。

イメージ化は普通にCDバックアップモードでisoイメージを作成すればOKです。
2016年1月29日追記
ゲームによってはCDオーディオのデータを使う場合があり、ISO Workshopで作成したイメージだと音楽がならないゲームがある。

そのような場合はCD Manipulatorというアプリケーションでゲームのイメージとトラック情報が書かれるcueファイルを作成し、DAEMON Toolsでマウントすることで生ゲームディスクと同じ状態でマウントしてくれる。


良ゲーから超クソゲーまでそれなりの本数を持っていますが、あまりガッツリとプレイはしないのでお手軽なシューティングをチョイス。
他にもあるけどとりあえず動作確認用なのでこれだけ。


イメージをマウントして起動してみる。
Windows10はOS標準でディスクイメージを仮想光学ドライブにマウントする機能があるのでこれを使ってみました。

が、SSFでドライブの設定をしてもエミュレータを起動すると「読み込めないディスク」となってエラーになります。
通常のオーディオ機器に間違えて入れた際に流れるオーディオのメッセージすら流せません・・・

どうやらOS標準機能ではちゃんと動作しないようです。


仕方ないのでDAEMON Tools Liteをインストールすることに。
ネットで検索をすると、公式サイト以外にもダウンロードサイトがヒットしますが、その中には
公式のアプリを日本語化し再配布の許可をもらっている
などど、それっぽいことが書かれているけど、実際にはウイルスが仕込まれたDAEMON Tools Liteをダウンロードさせるサイトがありました。

公式のDAEMON Tools Liteはちゃんと日本語対応しているので別途日本語化のパッチを当てる必要はありません。

最初そっちでDLしたらウイルススキャナが反応してダウンロードが止まりました。
ログを見ているとウイルス検出して焦りました・・・

公式サイトは下記URLです。
https://www.daemon-tools.cc/jpn/products/dtLite

インストール時にはブラウザのツールバーや余計なアプリをインストールしようとするとので必ずカスタムインストールで余計なアプリを入れないようにしましょう。
情報収集が目的のアプリなのでインストールしてはいけません。

疑り深い人はインストール後にアンチウイルスソフトでシステムスキャンをかけましょう。
それでも気になる場合はファイアウォールで特定のアプリの通信を遮断するとかすればいいんじゃないでしょうか?

DAEMON Tools Liteでセガサターンのディスクイメージをマウントし、SSFで再度CDドライブの設定をした後にSSFを再起動すればちゃんと起動するはずです。





SSFは画面のローテート(回転)もサポートしているので縦スクロールシューティングも縦モニターモードでプレイ出来ます。

稀にいきなり強制終了することもあるのでプレイ中のセーブはこまめに行いましよう。
SSF自体にどこでもセーブ機能があるのでそっちを使ってもいいんじゃないかな。

6 件のコメント:

  1. こんにちは!こちらの記事を拝見しました。このSSFが時々落ちるというのは改善できないんでしょうか?また原因などを把握されていますか?

    返信削除
    返信
    1. 改善方法はわかりません。強制終了してしまうことは以前のWindows OSでも起きていたことなので。
      強制終了するタイミングもバラバラなので原因の把握はしていません。

      削除
  2. そうなんですね!以前のパソコンで遊んでいたときは強制終了することがなかったので驚きました。わざわざご返事ありがとうございます。

    返信削除
  3. Surface 3を使っている者です。SSF/セガ系ゲームのタブレットとして主に使っています。
    Windows 10 試してみたのですがやはりSSFがどうしても起動後10から30分以内にクラッシュしてしまいます。
    なのでWindows 8.1にダウングレードしてみました。すると、一定時間以内に必ず落ちていたものが落ちなくなり、今のところかなり安定しています。

    安心して太郎丸も一応全部できるようになりました。

    たしかにクラッシュはWindows 8.1以下でも稀ですがあります。ですが、Windows 10の状態と比べると遥かにマシです!

    もともとSSF開発者はWindows 10に移行していなくてようやくアップグレードしたかもしれない、くらいです。

    たまにTest Versionが更新されていますので、彼のTwitterからその情報見ることができます: https://twitter.com/fessx

    ですがそれほどWindows 10に対応できているかはわかりません。

    返信削除
    返信
    1. ちゃんと動くかどうかは使用しているPCによりけりなので個人的にはWin10がダメとは言い切れません。
      商用のゲームでもWin8.1対応のものでWin10で動くものと動かないものがありますから。

      自分の場合はWin10に古いゲーム向けにDirectXのエンドユーザーランタイムをインストールしているので、それでいい感じに動いているのかもしれません。

      削除
  4. 私もsurfacepro3を使っているものです!皆さん参考になります!

    返信削除